インキュベーション部門

様々な社会ニーズや社会的課題を踏まえ、新たな学術領域や研究開発分野の萌芽および開拓を目的とし、分野融合および産学官連携を通じた研究活動や学術交流をグループ単位で推進します。本部門は「連携融合型」「社会課題解決型」の2つのタイプから構成されます。

連携融合型

「連携融合型」では、現在12の分野横断型のグループが立ち上がり、広くメンバーを募集し、公開でのフォーラム開催や専攻を超えた共同研究の模索、産学連携の活動等を、他部局・他機関の研究者も交えて積極的に実施しています。

12の研究グループは、その研究内容の特徴から「科学技術展開分野」「工学応用連携分野」「社会工学融合分野」の3分野に整理しています。

先読みシミュレーション インテリジェントアグリ工学 いきもの-AI 共創工学 つなぐ工学 「TranSupport」工学 もったいない工学 フォトニクス・センシング工学 生体・バイオ工学 デジタル造形工学 元素戦略・分子デザイン工学 IoTプラットフォーム工学 社会と技術の統合
  • フォトニクス・センシング工学

    フォトニクスの浸透が人々の生活をより良い方向に変化させます。PXを旗印に、現代社会が直面する課題の解決に挑戦します。

    name

    グループ長

    物理学系専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • 生体・バイオ工学

    医療・創薬・健康・バイオ研究者が全世界的にネットワークを拡張し、アクティビティーを高めるためのグループです。

    name

    グループ長

    応用化学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • デジタル造形工学

    サイバー・フィジカル空間融合による最適化デザインに基づき、最先端分野横断型モノづくり加速化に向けた大型プロジェクトを推進しています。

    name

    グループ長

    マテリアル生産科学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • 元素戦略・分子デザイン工学

    原子・分子およびその集合体を自在にデザインし、元素戦略にも立脚した高機能・高付加価値材料や化学反応を創出します。

    name

    グループ長

    応用化学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • インテリジェントアグリ工学

    生物工学・国際交流の実績と工学研究科のインテリジェンスとの X(クロス)により真にSDGs に貢献する活動を実施します。

    name

    グループ長

    生物工学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • いきもの-AI 共創工学

    生物学、工学、哲学など様々な分野で考察されている「知」の源泉を探り、知的な人工物の設計論を構築します。

    name

    グループ長

    機械工学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • つなぐ工学

    つなぐ工学分野では、統合型接合学に基づき、溶接・接合分野における学術研究、応用研究、産官学連携、人材育成を推進します。

    name

    グループ長

    マテリアル生産科学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • 「TranSupport」工学

    カーボンニュートラルやニューノーマルなどの新たな要請に対応しつつ、豊かで持続可能なモビリティシステムを社会に実装します。

    name

    グループ長

    地球総合工学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • 先読みシミュレーション

    シミュレーション技術の進化、融合、創成を通して、人類が人間らしく暮らしやすい未来社会の構築を目指します。

    name

    グループ長

    物理学系専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • もったいない工学

    環境資源、エネルギーを含めた資源を徹底的に有効利用する技術とシステムを開発し、低炭素で持続可能な未来の構築を目指します。

    name

    グループ長

    環境エネルギー工学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • IoTプラットフォーム工学

    現実世界とサイバー空間が高度に融合する時代に向け、データ取得の最前線であるIoTエッジノード技術の研究開発を推進します。

    name

    グループ長

    電気電子情報通信工学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • 社会と技術の統合

    複雑化した社会と細分化した技術の広がりのもと、システムオブシステムズとして、各種の要因が織りなす多様な関係の統合を考えていきます。

    name

    グループ長

    機械工学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

社会課題解決型

「社会課題解決型」では、社会から求められている課題に対して調査分析を行い課題解明に向けた活動を進めており、現在、以下のグループが研究活動を進めています。

  • 1F-2050

    「1F-2050」グループは、福島第一原子力発電所(1F)の問題を中心に、エネルギー問題を見据えた幅広い議論・検討を行っていきます。

    村田 勲

    グループ長

    環境エネルギー工学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎

  • 遺伝子治療用ベクター製造に関する
    研究開発と人材育成

    遺伝子治療などのためのベクターをバイオテクノロジーを駆使して製造するため、医学や薬学の専門家と一緒に研究し、人材の育成に取り組みます。

    大政 健史

    グループ長

    生物工学専攻

    グループ詳細はこちら ▶︎