大阪大学大学院工学研究科
附属フューチャーイノベーションセンター

Center for Future Innovation

プロジェクトCREFi

テクノアリーナ

「テクノアリーナ」は、工学研究科の研究シーズの強みを活かしつつ、専攻や専門分野の枠組みを超え課題に応じた柔軟な体制を取ることで、イノベーション創出と新学術領域を開拓するための新しい研究教育の仕組みです。また、テクノアリーナを通じて基礎研究から社会実装までを見据えた研究開発を行い、大阪大学が推進する「OUエコシステム」を実現します。

◆ OUエコシステム実践の場としての「テクノアリーナ」

以下の図に示すとおり、基礎研究の成果を社会実装し、そこから研究課題を見つけてまた新たな基礎研究につなげるというOUエコシステムを実践する場が「テクノアリーナ」です。

◆ 研究開発タイプに応じた構造と柔軟な仕組み

「テクノアリーナ」では、研究開発タイプに応じて以下の3つの部門(最先端研究拠点部門、インキュベーション部門、若手卓越支援部門)を形成します。また、社会ニーズや新たな研究開発テーマの萌芽に即応していくため、専攻横断による柔軟な体制を取っています。

最先端研究拠点部門

学術的にも最先端の研究開発を行うとともに、社会実装を通じた新た価値創造につながる先導的研究分野の拠点形成を進めます。研究のタイプによって「学術ピーク型」「イノベーション型」「社会共創型」で形成されます。

インキュベーション部門

新たな学術領域の開拓と発展を目的とし、専攻横断・分野融合・産学官連携を通じた研究活動や学術交流を推進します。「連携融合型」「大型プロジェクト準備型」で形成されます。

「連携融合型」
社会的課題の解決や次世代のイノベーションにつながりうる、学際的な新学術領域を開拓します。
(詳細は以下の図のリンク先をご覧ください。)

*「連携融合型」は旧テクノリサーチアリーナに相当します。

若手卓越支援部門

次世代の卓越した若手研究者・研究リーダーの育成を行います。